絶対、負けない。。。

今日、お耳の病院へ行って来ました。


お耳は良好。お耳の治療をしている時横向きに寝るのですが


右耳を治療してる時暴れて、左口の腫瘍部分から血が出てしまい。


お口の治療検査は出来ませんでした。

f0218182_19112729.jpg




前回、お口の腫瘍の細胞を検査に出し、その結果の紙を頂き説明を聞きました。


内容は『円形細胞腫瘍の疑い』




コメント『円形や類円形の独立細胞が、比較的多数得られています。小リンパ球やリンパ芽救様の細胞が優位で腫瘍瘤が皮膚に位置してる場合は、退行期の皮膚組織球腫が疑われますが、腫瘤が歯科肉に近い場合は、リンパ腫などの悪性腫瘍病変を確認する必要があります。組織学的評価をご検討下さい。』と書かれてありました。


f0218182_19113390.jpg



要は、べんつの出来てる腫瘍部分は


ゴムパッキン部分(歯肉部分ではない)な為

悪性の可能性が薄そうです。


でも、腫瘍を取って、腫瘍を検査に出さないと


本当に良性かどうかはわからないとの事。


お耳の病院で腫瘍を取るならば、廻りの部位も大きく取るのと事。


顔も変わっちゃうし、下手したらお口の、空きも悪くなる事もあるとか。


『心臓の事もあるので、ホームドクターへ相談してみては?』


と、お耳の院長先生に言われたので


その足でホームドクターへ細胞検査結果を持っていき


べんつの口もみてもらいました。


ホームドクターの院長先生は


悪いものでは無さそうですが


『大きくなるなら、腫瘍を取ったほうが良い、べんつにとって最善な方法で取りましょう。


2~3日、どうしたらいいか方法を考えるので時間を下さい』との事でした。






f0218182_19134883.jpg


悪いものでなければ、腫瘍だけ取って、元通りが理想。


良い方法を選択したいと思います。



絶対、負けない。。。


今後の経過は、また決まったら報告します。




053.gif 病気になんて負けない!! ↓ポチ~ ↓ポチ~ ↓ポチ~ 053.gif
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村


by misobenz | 2015-12-01 19:17 | 病院・病気 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://misobenz.exblog.jp/tb/24726685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by じゅんまま at 2015-12-01 20:16 x
べんちゃん、絶対負けない!!私も信じています。
そうですね、べんちゃんに取って最善の方法をですね。
(♡˙︶˙♡)
Commented by きらり at 2015-12-01 21:13 x
うんうん、みそべんさんとべんちゃん、負ける気しないよ。
一番の方法ですっきり治るように、応援してるからね。
がんばれ〜!
Commented by ぽん母 at 2015-12-02 10:21 x
そうそぉ~私もべんちゃんは絶対負ける気がしない!!
一番いい方法できれいなゴムパッキンに戻るよ!!!
だって~まだまだ破壊頑張らないとね(笑)

心臓のことがあると、麻酔のリスクとかが出てくるもんね~
ぽんちゃんも、心臓のお薬飲んでいる。。
色々考えちゃいますが、べんちゃんのことよく知ってる
ホームドクターと相談するのがベストだよね!!
Commented by misobenz at 2015-12-02 10:26
★じゅんままさんへ

お爺ちゃんになると、ちょっとした出来物取るにもハードルが高くて
取るまでに時間も労力もかかるしね~
でも、良い方法で頑張ります
Commented by misobenz at 2015-12-02 10:28
★きらりさんへ

心臓の薬飲み始めて、今まで麻酔が必要な治療は避けられてきたけど
今度は、無理っぽいです。
麻酔がクリアー出来ればどうにかなるんだろうけど。。。
負けない頑張ります
Commented by misobenz at 2015-12-02 10:31
★ぽん母さんへ

もぉ~お爺ちゃんになって、ポンコツになりつつあるけど
だましだまし、元気に過ごしてもらわないとね~
シニアになると心臓の問題があるから本当心配
麻酔がクリアー出来れば、ゴムパッキンと破壊王健在出来るから
最善尽くします
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 午後病院へ行ってきます 薬が減って始めての検査 >>